ツーモラリスト

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

【お金のワーク】お金とは何か?自分の価値観を定義してみる Part1

f:id:akiyama_tsukasa:20180208141557j:plain

今日のテーマ:お金の価値観を思い出す Part1

こんにちは、秋山です。

あなたにとって、お金とは何でしょうか?

お金は汚いもの、と捉えている人はいつまで経っても人前でお金の話をすることはないでしょう。逆に、お金は夢を叶えるためのもの、と考えるなら積極的にお金の話をしたくなるはず。

お金は(    )である。さて、あなたならカッコ内に何を入れる?

続きを読む

【迷いと悩みの違い】悩むほど迷えない人は、本気度が足りない

f:id:akiyama_tsukasa:20180113165110j:plain

今日のテーマ:迷いや悩みを大切にする

こんにちは、秋山です。

皆さんは、何かを選ぶときに迷いがちですか?もう少しスケールを大きくすると、人生に悩みを抱えたことはありますか?そもそも、迷いと悩みの違いって何でしょうか?この二つのうち、人生を前向きに過ごしたいのであれば、絶対にしてはいけないことは何なのか?

まずはそれぞれの違いを理解する

辞書によると、このように異なるようです。

迷い

進むべき道や方向がわからなくなる
どうしたらよいか決断がつかない

悩み

決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。
対応や処理がむずかしくて苦しむ

お金を例にとると、資産運用は必要だと思いながらいつまで経っても行動できない人にありがちな思考は次の通り。

生涯に必要な資金を計算したところ、今後のライフイベントに対して圧倒的に貯金が不足していると気づいた。
これまでの生活を省みるも、反省しても問題の解決には繋がらない。自分は何をしていたんだろうと悩み始める。

何か行動を起こそうと資産運用について考えるが、これまでの経験、つまり「経験してこなかったという経験」が決断の邪魔をして、いつまで経っても迷い続ける。そのうち、迷うことが悩みとなり、心の苦しみとなってしまう。

ここで、迷いを決断に変えて行動を起こせれば前向きに進むことができるのですが、それができないと悩むこと自体が辛くなってくるので、今度は悩みの対象(迷うこと)から逃げる。

迷っているフリを続けながらダラダラと時間を過ごし、ふとした瞬間に問題について考え直そうと思い立つも、結局決断はできないまま・・・

決断ができないと、貴重な機会(チャンス)を失う

『カイジ』という漫画を知っていますか?映画化もされているので、作品の内容は知らなくても話を聞いたことのある方もいるでしょう。

映画情報サイト「シネマトゥデイ」のあらすじによると

累計1,100万部を売り上げた福本伸行原作の人気コミック。自堕落な日々を送る青年が友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまい、奇想天外なゲームに挑んで自力で人生を逆転していく姿を描く。

とのこと。

この漫画の中で、とある決断を迫られた若者から「もう少し待ってください」と発言が出るが、回答者から出た名台詞がこちら。

「お前らは生まれてから何度その台詞を吐いた?世間はお前らの母親ではない お前らクズの決心をいつまでも待ったりはせん…!

一生迷ってろ そして失い続けるんだ... 貴重な機会(チャンス)を...!」

f:id:akiyama_tsukasa:20180113165422j:plain

悩みは辛いが役に立つ

迷い続ける人には、迷い続ける人が集まる。というか、周りに残るのがあーだこーだ言い合える友達だけ。行動する人たちからふるい落とされてしまう。

悩みがあるということは、本気で物事を考えている証拠。迷いがあるということは、将来に向けた決断の一歩手前。考えることはエネルギーを使うので、やる・やらないのどちらかだけは、早めに決断を行うべき。一番やってはいけないことは、悩みと迷いから逃げること。ここから逃げても役には立たない。

やろうかどうしようか考えている間に、機会(チャンス)を失わないように。 

まとめ

本気の迷いが悩みになる。そして、悩みは向上のタネとなる。

おまけ

決断のコツを知りたいなら、こちらの記事をどうぞ。

money-with-life.hatenablog.com

【今すぐやめなさい】財形や自動積立で貯金をしてはいけない理由

f:id:akiyama_tsukasa:20171221232849j:plain

今日のテーマ:「自動」を利用し失うもの

こんにちは、秋山です。

あなたは貯金が得意ですか?貯金がニガテな人ほど、毎月の給与から自動的に貯金口座へ引き落とされる「積立貯金(財形貯蓄)」を利用すべき、と思いがちですが、僕はあまりオススメしません。

自動積立は貯金が得意になってから利用すべき

財形や自動積立の仕組みを使えば、確かにお金は貯まります。それは以前の記事にも書いた通り、収入から貯金用の金額を引いて、残ったお金で生活することができるから。

money-with-life.hatenablog.com

「貯金できない人は自動積立を使いましょう」といったアドバイスを聞いたことがある人もいるでしょう。しかしこれでは、お金を貯めたことにはなりません。結果は同じであっても、実はあなたの体質を改善できるかどうかが決まる分岐点になるのです。

貯金を得意とするためには、自身の意思が必要

例えば、月に30,000円の貯金を行おうとしているAさん・Bさんの二人がいるとします。(貯金には目的が必要ですが、ここでは割愛します)

Aさんはお給料日に、自動で30,000円が引き落とされました。
Bさんは一日に1枚の1,000円札を貯金箱に入れ、これを30日間続けました。

結果的にどちらも30,000円を貯金することができたとして、お金を貯めようとする意思がはっきりと見えたのはどちらか?きっと、Bさんを選ばれたことでしょう。

貯金をニガテと考える人には二つの特徴があります。まず金額が決まっていないこと。そして、貯金をしよう!という意思がないこと。

「財布にお金があると使ってしまう」というのはただの言い訳で、実際は貯金しなくても何とかなると思っているからそのような行動が取れてしまうのです。

ほったらかし=楽=無意識に繋がる

もう一度言いますが、自動積立という仕組みを使えば確かにお金は貯まります。でもそれは仕組みに頼っているだけで、根本的な解決には至らない。

自分の意思でお金を貯めるためには、管理の意識を高めること。ほったらかしで楽をするのは、貯金体質が身に付いたあとにしましょう。

まとめ

ニガテなことに蓋をして楽な手段だけを手に入れると、自分の可能性が失われる。

おまけ

そもそもの貯金額を決めるための考え方はこちら

money-with-life.hatenablog.com

【資産運用はまだするな】誰でもわかる、失敗しない運用への道

f:id:akiyama_tsukasa:20171026183258j:plain

今日のテーマ:お金の分野で見るステージとステップ

こんにちは、秋山です。

お金に対する悩みは人それぞれです。お金に意識が向いていない人、向いているのに貯金がニガテな人、貯金はできるけど何か不安な人、不安解消のために運用に興味を持つ人。あなたは今、お金の分野でどのステージに立っていますか?

続きを読む

【貯金額の決め方】たったこれだけ、毎月の貯金額はこうして決める

 

f:id:akiyama_tsukasa:20171021175117j:plain

今日のテーマ:自分の生活に合った、毎月の貯金額

こんにちは、秋山です。

貯金についての相談事として、多くの方が抱えている悩みが三点あります。
貯め方、金額の決め方、そして資金の活用方法。今日は金額の決め方について。毎月しっかりと貯金ができている方は、その金額をどのように決めているのでしょうか?『収入の○割』と定めて貯金をすることは、一番やってはいけないので注意。

収入の○割の根拠はどこにあるのか?

実際、「本で『月収の2割を貯めなさい』と読んでから、頑張って実践しています!」と話を聞くこともあります。しっかりと貯金を行っていること自体は素晴らしい。ただ、そんなときに僕が出すのは、いつまでにいくらを貯めたいのですか?という質問。つまり、この例なら月収2割の理由。しっかり金額を決めているように見えますが、何のために金額を2割に設定しているのでしょうか?

「本には『老後のために今のうちから』と書いてありました」と言うのであれば、老後って何歳のこと?そして必要な金額はいくら?結局、一人ひとりにあった金額は自分で決めなければいけないことがわかります。

将来必要な金額を想定し、そのための貯金額を決める

たとえば『3年後までに結婚式用の資金を貯めたい。式場の費用は○○万なので、毎月収入の○割を貯めていけば良い』と将来の目標を定めているなら、全く問題はありません。ここでの問題とは、必要な資金額に変更があった際のこと。結婚なら追加費用の発生や想定よりも期間が早まった場合、その費用は妥当か?と考えたり、期日までに貯金金額を変更したりと冷静に対処することができるでしょう。

逆に明確な理由がなく続けている行動は、軌道修正するタイミングが遅れることもあるでしょうし、即座に頭が働きません。

先の例では、「毎月2割を貯金せよ」と言われて老後に備えていたものの、結果的に不足額がったらどうするか。時間は巻き戻せないし、貯金をしてくれば良かったと後悔しても遅いわけです。

起こりえるライフイベントを洗い出し、金額の計算を

あなたの今の生活において、これから3年・5年・10年以内にどのようなイベントが起こり得ますか?結婚、出産、育児、転職、車輌購入、住宅購入、親の介護、老後の生活・・・挙げてはキリがありません。貯金額を決めるコツは、今後のイベントを洗い出し、発生までの年数を考え、それぞれにいくらの金額が必要となるのか?を計算すること。既婚者や子育てをしている友人に、各種費用を教えてもらうのも効果的でしょう。そして、一度決めた金額を定期的に見直すこと。正解が無いのが人生、決めた通りに物事が進まないこともあるはず。

ぜひ誰かに決められたものではなく、自分に合った貯金額を設定してみてください。

まとめ

貯めるべき金額は目標からの逆算で決める。

【備忘録】毎月の携帯代を661円にした話(通話料別・番号そのまま)

f:id:akiyama_tsukasa:20171011212307j:plain

今日のテーマ:格安スマホ乗り換えの判断基準

こんにちは、秋山です。

格安SIMセミナーでは偉そうに説明しつつ、人様には固定費削減のアドバイスを行う身ながら、業務上の都合からキャリア契約のままでして・・・。今夏、ようやく乗り換えのタイミングができたことで、タイトルの通り月額料金がラーメン1杯分くらいになりました。

続きを読む