ツーモラリスト

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

【貯金したいなら】今すぐクレジットカードを切り刻んで捨てろ

f:id:akiyama_tsukasa:20180404161348j:plain

今日のテーマ:クレジットカード禁止令

こんにちは、秋山です。

クレジットカード、便利ですよね。社会人ならほとんどの方が、一度は利用したことがあるかと思います。しかし意外と日本では使われておらず、日本クレジット協会の2016年統計によると、日本人の利用は18%で、これは先進国ではビリに近い数字。

日本人はキャッシュレスが嫌い!などと言われることもあるようですが、別にカードは使わなくても良い。なぜか?貯金体質の備わっていない人が利用すると、いつまでたっても貯金ができないままになるから。

利用しているようで利用されている利用者たち

これまで様々な方の収支改善を実施してきましたが、勤続年数の割に貯金額が少ない方の特徴として、クレジットカード決済を多用していることが挙げられます。

そのような方に、カードを使う理由を聞くと決まって返ってくるのがこんな感じ。

・現金を持ち歩かなくてすむから

・明細がわかるから支出を把握しやすい

・ポイントがついてお得だから

うん、確かにクレジットカードのメリットとして考えられます。でもこれらは、しっかり貯金ができている人が使って初めて効果があるもの。切れ味の鋭い包丁は熟練の料理人が使うから効果的であるように、調理の素人が使うと逆に危険。

メリットを挙げているつもりが、全てデメリットだった?

一つずつ問題点を見ていきましょう。

現金を持ち歩かなくてすむから

現金を持ちたくない派の理由が「財布にお金があると使ってしまう」。
→それならカードを持っていても同じ。さらにカード使えば、所持金以上の支払いができてしまう。

「お金があると、つい自販機やコンビニで買い物してしまう」。
→現金がなくても、チャージしたICカードで結局買い物をしているという現実。

つまり、お金を持ち歩かないことで支出が膨らんでいることもある。

明細がわかるから支出を把握しやすい

「お金」のシークレット』(三笠書房)によると、カード利用者は自身の利用額を少なく見積もる傾向にあるという。

把握という言葉の意味は、『しっかり理解すること』。どの商品に対していくらの支出があり、自分が設定した予算との乖離はどの程度だったか?このような理解を深めているなら『把握』のためにカードを利用するのも良いでしょう。

ただし残念ながら「支出を把握しやすい」と言う人ほど、利用明細は見流すだけ。先月何にいくら使ったか覚えていない人がほとんど。

ポイントがついてお得だから(※)

これが一番危ない。そもそもポイント還元は、カード会社が消費者の利用促進を図って設定しているもの。

ポイントが溜まる!とカードを使うから、必要以上の買い物をしてしまう。たった数十円、数百円分のポイントと引き換えに貯金ができない体質へ。

※光熱費などの生活必要経費はクレカで支払うべき!ポイントがお得!など言われますが、口座振替割引を考えると毎月の利用料金次第では全然お得ではない。

レッツ・現金払いライフ!

先ほど参考にした書籍『「お金」のシークレット』には、現金支払いと比較してカード支払いの場合は平均23%も支出が増えるともある。具体的な調査元の記載がないため真偽は不明ですが、日々お金の相談に乗っているとあながち間違ってはいないと感じます。

以前「貯金ができない」と相談された20代後半の男性は、毎月いくらの貯金ができているか感覚でしかわかっていなかった。ヒアリングの結果、生活費の支払いをほぼクレジットカードかICカードで済ませていたことがわかったので、カード禁止令を発動。

結果、月の貯金額が1~2万だった彼は、1ヶ月ほどのリハビリ期間を経て、我慢することなく毎月6~7万の貯金ができるようになった。一度体質を手に入れてしまえば不要な買い物が減るので、以降の生活に必要な分はカードで支払ってもOKとなった。

もしあなたがクレジットカードを使いながら貯金が苦手と嘆いているなら。いきなりハサミで切り刻むのは抵抗があるかもしれないので、、、まずは机の引き出しに封印することから始めてみよう。

まとめ

便利な道具(キャッシュレス)を使う前に、自分の軸(貯金体質)を定めよ。

おまけ:書籍紹介

「お金」のシークレット―人生を変える“感情”と“お金”の法則

 

【仮想通貨の裏側】保有時に発生する二つのリスクを知る

f:id:akiyama_tsukasa:20180310150454j:plain

今日のテーマ:仮想通貨の裏側セミナーより

こんにちは、秋山です。

先月、仮想通貨に関するセミナーを開催しました。

『初心者でもわかる、仮想通貨を選ぶ判断基準について』といった内容でお話しましたので、今更感もありますがブログにも簡単にまとめておきます。

仮想通貨に対するイメージとは?

当日のセミナー参加者が持たれているイメージとして、このような意見が挙がりました。

・価格が乱高下する
・最先端の技術
・資金量が少ない人が儲けられる最後のチャンス
・自国通貨が不安定な国からすると、安定した取引手段
・モノとして存在しない
・種類が多く、詐欺が蔓延している

切れ味鋭い包丁を見たときに「危ない」と見るか、「調理スピードが向上するもの」と見るか。どのようなイメージを持つかによって、対象の見方が変わってきます。

仮想通貨を「何か損しそう・・・」と思えば怖いものに、「儲けられそう!」と思えばワクワクする対象になります。

人はポジティブに捉えたことに対して情報の取り方が前向きになるので、詳しく知りたい事柄は良い見方をしてみることをオススメします。(もちろんデメリットも見ないといけない)

仮想通貨と実際の通貨の違いは?

仮想通貨と法定通貨の違いはこちら。(法定通貨とは強制通用力を有する通貨のこと)

赤字が法定通貨と仮想通貨の異なる点です。

f:id:akiyama_tsukasa:20180310150659p:plain

仮想通貨は何種類あるのか?

2018年2月時点で、仮想通貨は以下の①~④のうち、何種類存在するのか?

①4種類
②14種類
③1,178種類
④1,500種類以上 

答え:すべて当てはまります。

※2018年3月現在、③は1,519種類と増加しました

4種類

ビットコイン、アルトコイン、草コイン、詐欺コインの4つ。

アルトコインとはビットコイン以外のコインのこと。ビットコインにはない機能の拡張や課題解決に存在意義があるといわれている。

草コインとは、作成者やコインの目的がよくわからないコインのこと。今後発展するのかどうかが、よくわからない仮想通貨。500倍とか800倍とか、とんでもない倍率で高騰することもある。

詐欺コインとは、そもそも開発がされない(する意図がない)コインのこと。ビジネスモデルに永続性がなかったり、MLMによる販売が多かったりする。

14種類

日本の取引所に上場している中で、安全な取引ができると言われているコインの数。

1,178種類→1,519種類

仮想通貨のチャートを配信しているコインマーケットキャップ(Coin Mariket Cap)によると、2018/2/25時点の仮想通貨は1519種類とのこと。

crypto-currency.site 

仮想通貨のリスクって何?

仮想通貨を保有する際には、2つのリスクがあります。一つは仮想通貨自体のリスク、もう一つは資産として持つ場合のリスク。

仮想通貨自体のリスク

・処理能力

スケーラビリティ問題といって、価格高騰時には送金未承認の取引が多くなり、手数料も高騰します。

jp.cointelegraph.com

・消費電力

ビットコインの消費電力は1取引につき300kw(※)。これは日本の平均的家庭の30日分です。※2017年11月27日付 Guardian GuardianGuardian 紙

2017年12月中の消費電力は、人口575万人のデンマークの消費量を越えました。

ビットコインの消費電力がこのペースで増え続けると・・・世界中での取引に使用される電力は、2018年10月にはイギリスの全電力消費量を凌駕するのではないかとも予想されています。また、2019年末には現在のアメリカ消費電力と匹敵するとも。

・ICO詐欺

最近では2017年に発生したノアコイン(NOAH COIN)など、世界中でICO詐欺が蔓延している。市場が比較的新しく情報の真偽が判断しにくいのと、技術が複雑なために詐欺被害が止まらないと言われています。

資産として持つリスク

・取引所が不安定

2014年のマウントゴックスや2016年のThe DAO、最近ではコインチェックやBitGrailなどの流出の影響を受けると、資産が目減りまたは消失する。

・風説の流布

インターネット上に根拠のない情報が蔓延することもあり、情報が原因で価格が暴騰・暴落することも。SNSで他者を煽り価格をつり上げる「仕手筋」も存在する。

cryptmishima.com

・税制面が不安定

国税庁は2017年にビットコインの所得は雑所得と方針を示しました。そのため、最高税率は所得税・住民税を併せて55%となります。今後税率が変わる可能性もあり、不確定要素の一つとして考えられます。

仮想通貨のメリットとデメリットは?

メリット

・新しい投資対象であり、爆発的に価値が上昇する可能性がある
・発行上限が決まっており、出回るほど希少性が増すものが多い
・ボラリティ(値動き)が高い通貨が多い

デメリット

・誰でも発行できるため、詐欺通貨が横行している
・未成熟な技術のため、管理方法がわかりづらい
・取引所が整備されておらず、すぐ潰れてしまう取引所も存在する
・現状、法律や税制面が不透明

仮想通貨を資産として持つべきか?

僕の周りにいる投機的に資産額を増やした人たちはその後、円や外貨、債券、不動産、動産、金などの現物資産に換えています。

以下表を見ると、実態がなく何の保証もないモノであることがわかりますが、やはり資産として持ち続けるより現物で持ちたい人が多い印象を受けます。

f:id:akiyama_tsukasa:20180310155435p:plain

【まとめ】

仮想通貨は『何を持つか』より『どう持つか』
基本的には投資ではなく「投機」と考える。 

【おまけ:情報の取り方で意識すること】

仮想通貨に限らず、情報収集の際に気をつけることとして、情報の『逆』取りがあります。裏取りとの違いとしては、こんな感じ。

裏取り

取得した情報の裏づけを調べ、確かなものだと確認する作業

逆取り

取得した情報の逆の意見を調べ、客観的に視野を広げる作業

例えば、仮想通貨バブル!という情報に対して、裏取りは「なぜ高騰しているのか?どこからの情報か?」を考えること。

対して逆取りは「バブル崩壊を唱える意見は?」と考えること。両方の見方をすることで、中立的に情報を収集することができる。 

【お金のワーク】お金とは何か?自分の価値観を定義してみる Part1

f:id:akiyama_tsukasa:20180208141557j:plain

今日のテーマ:お金の価値観を思い出す Part1

こんにちは、秋山です。

あなたにとって、お金とは何でしょうか?

お金は汚いもの、と捉えている人はいつまで経っても人前でお金の話をすることはないでしょう。逆に、お金は夢を叶えるためのもの、と考えるなら積極的にお金の話をしたくなるはず。

お金は(    )である。さて、あなたならカッコ内に何を入れる?

続きを読む

【迷いと悩みの違い】悩むほど迷えない人は、本気度が足りない

f:id:akiyama_tsukasa:20180113165110j:plain

今日のテーマ:迷いや悩みを大切にする

こんにちは、秋山です。

皆さんは、何かを選ぶときに迷いがちですか?もう少しスケールを大きくすると、人生に悩みを抱えたことはありますか?そもそも、迷いと悩みの違いって何でしょうか?この二つのうち、人生を前向きに過ごしたいのであれば、絶対にしてはいけないことは何なのか?

まずはそれぞれの違いを理解する

辞書によると、このように異なるようです。

迷い

進むべき道や方向がわからなくなる
どうしたらよいか決断がつかない

悩み

決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。
対応や処理がむずかしくて苦しむ

お金を例にとると、資産運用は必要だと思いながらいつまで経っても行動できない人にありがちな思考は次の通り。

生涯に必要な資金を計算したところ、今後のライフイベントに対して圧倒的に貯金が不足していると気づいた。
これまでの生活を省みるも、反省しても問題の解決には繋がらない。自分は何をしていたんだろうと悩み始める。

何か行動を起こそうと資産運用について考えるが、これまでの経験、つまり「経験してこなかったという経験」が決断の邪魔をして、いつまで経っても迷い続ける。そのうち、迷うことが悩みとなり、心の苦しみとなってしまう。

ここで、迷いを決断に変えて行動を起こせれば前向きに進むことができるのですが、それができないと悩むこと自体が辛くなってくるので、今度は悩みの対象(迷うこと)から逃げる。

迷っているフリを続けながらダラダラと時間を過ごし、ふとした瞬間に問題について考え直そうと思い立つも、結局決断はできないまま・・・

決断ができないと、貴重な機会(チャンス)を失う

『カイジ』という漫画を知っていますか?映画化もされているので、作品の内容は知らなくても話を聞いたことのある方もいるでしょう。

映画情報サイト「シネマトゥデイ」のあらすじによると

累計1,100万部を売り上げた福本伸行原作の人気コミック。自堕落な日々を送る青年が友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまい、奇想天外なゲームに挑んで自力で人生を逆転していく姿を描く。

とのこと。

この漫画の中で、とある決断を迫られた若者から「もう少し待ってください」と発言が出るが、回答者から出た名台詞がこちら。

「お前らは生まれてから何度その台詞を吐いた?世間はお前らの母親ではない お前らクズの決心をいつまでも待ったりはせん…!

一生迷ってろ そして失い続けるんだ... 貴重な機会(チャンス)を...!」

f:id:akiyama_tsukasa:20180113165422j:plain

悩みは辛いが役に立つ

迷い続ける人には、迷い続ける人が集まる。というか、周りに残るのがあーだこーだ言い合える友達だけ。行動する人たちからふるい落とされてしまう。

悩みがあるということは、本気で物事を考えている証拠。迷いがあるということは、将来に向けた決断の一歩手前。考えることはエネルギーを使うので、やる・やらないのどちらかだけは、早めに決断を行うべき。一番やってはいけないことは、悩みと迷いから逃げること。ここから逃げても役には立たない。

やろうかどうしようか考えている間に、機会(チャンス)を失わないように。 

まとめ

本気の迷いが悩みになる。そして、悩みは向上のタネとなる。

おまけ

決断のコツを知りたいなら、こちらの記事をどうぞ。

money-with-life.hatenablog.com

【今すぐやめなさい】財形や自動積立で貯金をしてはいけない理由

f:id:akiyama_tsukasa:20171221232849j:plain

今日のテーマ:「自動」を利用し失うもの

こんにちは、秋山です。

あなたは貯金が得意ですか?貯金がニガテな人ほど、毎月の給与から自動的に貯金口座へ引き落とされる「積立貯金(財形貯蓄)」を利用すべき、と思いがちですが、僕はあまりオススメしません。

自動積立は貯金が得意になってから利用すべき

財形や自動積立の仕組みを使えば、確かにお金は貯まります。それは以前の記事にも書いた通り、収入から貯金用の金額を引いて、残ったお金で生活することができるから。

money-with-life.hatenablog.com

「貯金できない人は自動積立を使いましょう」といったアドバイスを聞いたことがある人もいるでしょう。しかしこれでは、お金を貯めたことにはなりません。結果は同じであっても、実はあなたの体質を改善できるかどうかが決まる分岐点になるのです。

貯金を得意とするためには、自身の意思が必要

例えば、月に30,000円の貯金を行おうとしているAさん・Bさんの二人がいるとします。(貯金には目的が必要ですが、ここでは割愛します)

Aさんはお給料日に、自動で30,000円が引き落とされました。
Bさんは一日に1枚の1,000円札を貯金箱に入れ、これを30日間続けました。

結果的にどちらも30,000円を貯金することができたとして、お金を貯めようとする意思がはっきりと見えたのはどちらか?きっと、Bさんを選ばれたことでしょう。

貯金をニガテと考える人には二つの特徴があります。まず金額が決まっていないこと。そして、貯金をしよう!という意思がないこと。

「財布にお金があると使ってしまう」というのはただの言い訳で、実際は貯金しなくても何とかなると思っているからそのような行動が取れてしまうのです。

ほったらかし=楽=無意識に繋がる

もう一度言いますが、自動積立という仕組みを使えば確かにお金は貯まります。でもそれは仕組みに頼っているだけで、根本的な解決には至らない。

自分の意思でお金を貯めるためには、管理の意識を高めること。ほったらかしで楽をするのは、貯金体質が身に付いたあとにしましょう。

まとめ

ニガテなことに蓋をして楽な手段だけを手に入れると、自分の可能性が失われる。

おまけ

そもそもの貯金額を決めるための考え方はこちら

money-with-life.hatenablog.com

【資産運用はまだするな】誰でもわかる、失敗しない運用への道

f:id:akiyama_tsukasa:20171026183258j:plain

今日のテーマ:お金の分野で見るステージとステップ

こんにちは、秋山です。

お金に対する悩みは人それぞれです。お金に意識が向いていない人、向いているのに貯金がニガテな人、貯金はできるけど何か不安な人、不安解消のために運用に興味を持つ人。あなたは今、お金の分野でどのステージに立っていますか?

続きを読む