ツーモラリスト

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

点と線の違い

f:id:canopysand:20161103151349j:plain

今日のテーマ:点と線の違い

こんにちは、秋山です。 

皆さんは、漁師と旅行者の話をご存知?ネットでよく見るこの文章、読後はどのように感じるでしょうか。

手段は別でも、目的は同じ

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊しており、メキシコ人の漁師が小さな網に魚を取っていた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」と尋ねた。

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

旅行者:「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたのに。おしいなあ」

漁師:「自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だよ」

旅行者:「それじゃ、余った時間で何するの」

漁師:「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房と昼寝して。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって。…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者は、まじめな顔で漁師に向かってこう言った。「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、アドバイスしよう」旅行者のアドバイスは以下の通り。

・毎日もっと長い時間、漁をするべき

・あまった魚は売り、資金を貯める

・貯まった資金で大きな漁船を買う

・漁獲高は上がるので、儲けも増える

・その儲けで漁船を増やしていく

・大漁船団ができたら、魚を売ることはやめる

・水産品加工工場を建てて、加工食品を販売していく

「その頃には、きみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのビルから企業の指揮をとるのだ」

漁師:「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

旅行者:「20年、いや25年でそこまでいくね」

漁師:「それからどうなるの」

旅行者:「それから?そのときは本当にすごいことになるよ」とにんまりと笑い、「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ!」

漁師:「それで?」

旅行者:「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住む。日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

行動することが、将来の不確実性を軽減させる

結果的に、漁師と旅行者の目的は同じ。家族や友人とのびのび暮らすために、一方は魚釣りを、一方はビジネスを手段と考えているだけ。漁師はもう目的を達成しているのに、手段をアドバイスする旅行者の姿に、違和感を覚えるかもしれません。

確かに旅行者のアドバイスには、リスクが存在します。リスクとは不確実なこと。仮に漁師がより多く漁に出るなら、漁獲域を広げる必要があるでしょう。結果、生態系が壊れてしまい漁獲量が減るかもしれない。多くの漁に出ることを他の漁師にマネされてしまったら、これも自身の漁獲量は減少する。

お金を稼いで得られる結果をもう既に得ているなら、リスクを負わなくても良いように見えるかも。でも、今回伝えたいことは負わないことによるリスク。つまり「何もしないこと」もリスクになる

短期的ではなく、長期的な安定を求める

漁獲のための船が壊れたら、家族や友人との時間を取るどころか、明日からの生活に支障をきたすことになるでしょう。自分以外の漁師が起業して、大規模なビジネスを展開し始めたら、漁師は市場から追い出されてしまう。

風邪をひいて漁に出られなければ、お腹が空いても食べる食料がない。旅行者のアドバイス通りビジネスを展開できれば、今の生活をより安定的に維持できる可能性がある

お金は夢を叶えるほかに、生活を守るためのもの

これは漁師でなくても、同じことがいえます。皆さんは、今勤めている会社が倒産したらどうしますか?もしくは自分より優秀な人間が数多く入社して自分の仕事をとられてしまったら?或いは、うつ病で働けなくなったら?今の生活を同じように続けることは簡単ではないでしょう。

将来のことを想定して、収入は複数作るべきだ!と考えるなら漁師ではなく旅行者の思考を持つべきです。お金は手段であり、目的達成のために使われますが、目的に対するリスクをヘッジするためにも使わないとダメ。

将来、何が起きるかは誰も分からない

家族や恋人、友人と不自由なく生活することを目的とするなら、給料が下がっても生活を維持できるように、今のうちから投資の経験を積んでおく。そうすると、早いうちから生活費 + 何かあった時の資金の準備ができる。自身でコントロールできない事象が身の回りに起こったときのためにも、今の生活を脅かす事象のヘッジは不可欠。

【まとめ】

短期的な「点」の安定ではなく、長期的な「線」の安定を目指す。