ツーモラリスト

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

1回の失敗=人生の終わり、ではない!成功する人としない人の差は?

f:id:akiyama_tsukasa:20170119130430j:plain

今日のテーマ:失敗=成功

こんにちは、秋山です。

先日、セミナーで実際にあった話。当てはまったら手を挙げてくださいね、と以下二つの質問をしたところ、どちらにも手を挙げる参加者が多くいらっしゃいました。

一つ目は「何事においても失敗したくない」と考えているかどうか。二つ目は「何事においても成功していたい」と考えているかどうか。さて、あなたはどうですか?

失敗を防ぎたいなら、毎日寝て過ごせ

まず、成功の反対は失敗ではないことに注意。成功と失敗は、『行動結果』という意味で同意語であり、反対語は『何もしないこと・挑戦しないこと』となります。

何事においても失敗したくないなら、対処法は実に簡単。行動しなければいいだけ。車の運転事故を避けたいなら、車を運転しなければいいし、好意を抱いている異性にフラれるのが怖いなら、好意を伝えなければいい。

失敗したくないけど成功したい、の矛盾

成功を求めるのであれば、行動しなければいけない。徒歩や自転車より目的地に早く到着するためには、事故が怖くても車を運転する必要がある。好きな人とお付き合いをしたいなら、積極的に想いを伝えないと結果は得られない。これが、リスク(不確実性)とリターンの関係。

「失敗をせずに成功したい」という思考は、ノーリスクでハイリターンを求めていること。そんなものは、世の中どこを探してもありません。

失敗の定義を考える

金融投資における失敗の例として、損失を挙げる方がいます。100万円が90万円になれば、これは失敗でしょうか?
いつもの通り、言葉を定義してみましょう。あなたにとって『失敗』とは何ですか?過去記事の通り、失敗を経験と捉えるなら考え方は変わります。

money-with-life.hatenablog.com

失敗を恐れる人に『失敗とは何か?』と尋ねても、再起不能な例を挙げる方は多くありません。ちょっとしたミスだったり、ごく短期的な身の回りの変化だったりと、いずれも時間があればリカバリーできるものばかりです。

逆に、大きな失敗をしないまま、年数が過ぎていくとどうなるか。失敗の免疫力がないまま、一度の失敗で二度と行動できない人間になってしまいます。これは、将来得ることができるかもしれない成功を捨てる(選ばない)ということ。

あなたが成功を求めるなら、数ある選択肢を減らしてはいけない。

【まとめ】

成功と失敗は、行動した結果(リターン)。

行動できない人に、リターンは無い。