ツーモラリスト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

お金の増やし方

f:id:canopysand:20161103152819j:plain

今日のテーマ:お金の増やし方

こんにちは、秋山です。 

お金を増やすには、どのようにすれば良いか?」日々お金について話をしていると、多くの方からこのような質問をされます。知恵や経験など、お金よりも大事なものは世の中にたくさんありますが、それでもお金を増やしたいと思うのは悪いことでも何でもありません。

逆に、

・人前でお金の話をしたくない

お金について話すことは下品だ

お金の話題を挙げる人は避けたい

このように、お金を扱うことが悪だと思っている人は、いつまで経ってもお金が増えることはないので注意

「お金さん」の悪口はやめましょう

それはなぜか?簡単です、考えてみてください。あなたに対して好意的に接してくれる人と、陰口・悪口を言う人。あなたはどちらの人と仲良くしたいですか?先ほどの文章にあった「お金」を「あなた」に替えて読んでみると。 

・人前であなたの話をしたくない

あなたについて話すことは下品だ

あなたの話題を挙げる人は避けたい 

こんな人とは仲良く出来る自信がないですね・・・お金との距離が遠い人は、お金を得る機会も遠くなるのです

大切に扱えば扱うほど、手元に舞い込んで来る

これはお金以外にもいえることで、人とのご縁を大切にする人には、良い出会いがあります。これは諺でも何でもなくて、

① 出会いを大切にする

② 相手に良い印象が残る

③ 良い人を紹介したくなる

このように、相手との信頼関係を作る流れができているからです。 

運気も同じ。運が良い人は「ありがとう」と感謝の言葉を多く発します。身の回りの出来事を大切にするから、良いことが舞い込んでくるといいます。つまりお金が巡ってくる人とは、

「お金はありがたいもの」

「お金は素晴らしい」

「お金が大好き」と、公言できる人のこと

大切なものほど、つい手元に置き続けてしまう

ただし、お金が大好き、大切だからと間違った接し方をしてはダメです。あなたが子育てをする場合。子供を大事にしたいからと甘やかして家に篭らせるか?苦労や困難も多いかもしれないが、世間の厳しさを経験させるか?どちらが子供のためになるでしょうか。大切にし過ぎると子供は成長しませんね。 

食べ物も同じ。いつまでも大切にして手元に置いておくと、カビが生えて食べることができなくなる。どんなに高級品でも、食べられなくなっては意味がありません。手離すこと、抱え続けないことが自分のため、ひいては他者のためになります

「お金を大切にする」とは、手元に置き続けることではなく、使うことを意識します。

溜め込んでいるうちは、何も入ってこない

整理整頓を例に考えていきましょう。あなたが部屋を掃除するとき、まず何から始めるか。物を捨てる?収納スペースに片付けていく?不要な物に溢れているなら、まずは物を捨てますね。で、必要な物だけになったら収納スペースに片付ける。ただし、収納スペースが必要以上にあると、人はそこに物を置きたくなります。 

ということは、逆に物を増やしたければスペースを作れば良い。普段の生活の中で、財布の中身が空になったら。ATMでお金を引き出して、財布に補填しますよね。財布にスペースができて、そこにお金が入ったのです。お金を増やしたいなら、スペースを作ることが不可欠。そのためには、溜め込むのではなく、まず使う。使うことでスペースができ、お金が入る準備が整います。お金の増える使い方は、また次回に・・・(お金の増える使い方)

【まとめ】

何かを手に入れるためには、手元にある物を手放すこと。

そうすることで、得るための空きが生まれる。

【補足】

恋人と別れるから次の恋人が入る場所ができる。

どちらも抱え続けると大変なことに・・・