ツーモラリスト

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

感情の裏にある意図

f:id:canopysand:20161103142803j:plain

こんにちは、秋山です。



「○○の窓口」「無料相談」

 

で案内される商品には、
公平性はあるのでしょうか?



たとえば保険や投資信託。

 

知識を持たずに相談へ行ったとしても、
担当者は優しく接してくれますね。

 

説明も丁寧で、たくさんの商品から
自分にあったものを提案してくれます。

 

しかし、
説明を受けている途中は
あたかも選択肢が多く錯覚しますが、

 

最終的には会社都合の商品を
売られていることが多い。

 

結果、なぜ加入したか不明なまま
不要な保険料を払い続ける始末。



これは、
投資信託でも同じことが言えます。

 

窓口でおすすめ商品を聞いたばかりに
何となく購入し、結果含み損が生じる。



そもそも、
相手があなたに優しく接することには
必ず意図があります。

 

そしてそこには、相手からの

 

「ウソ」か「我慢」

 

のどちらかが含まれています。



例えば相談関係のお仕事では、

 

「○○さんにはこの商品がピッタリ。
他の皆様も購入されていますよ。」
→ ウソ(の可能性が高い)

 

本当はやりたくない仕事だが
給料のために相手の話を聞いている。
→ 我慢

 

※とある知人の銀行員は、お客さんの
顔を見るのが嫌だ嫌だと愚痴を言い、
それでも毎日窓口に立っています。



自分は購入したくないような商品を、
会社の売上げのために売りつける。
→ ウソと我慢のあわせ技

 

※このジレンマに悩み、
金融業界を去る人は多い。




これは何も、仕事や営業トークに
限った話ではありません。

 

男性が後ろめたいことをすると、
記念日でもないのに女性へ
プレゼントを渡してあげたり。

 

苦手な相手や嫌な事象に対して、
邪険にすることなく付き合い良く
振舞ったり。



どちらも
一見すると優しさに見える行為ですが、

 

そこにはウソや我慢が含まれています。

 

わが子に対する親の無償愛ですら、
時には育児疲れで我慢が
爆発しますからね。



だからと言って、
優しさ(提案)を受け取るなと
いうわけではありません。

 

裏の意図を理解したうえで、
相手の気持ちを汲み取り、

 

あくまでも
必要な提案は受け入れましょう。



なお、

 

背景を知って提案に乗るのと
何も知らずに提案に乗るのでは、

 

結果的に
予想外のことが起きた際、

 

前者は自分の責任ととらえ、
後者は人のせいにするような
違いがあります。

 

後者は依存症とも言えるでしょう。

 

どのような事象が起こったとしても
結局は、判断・決断をした自分のせい。

 

人に依存してしまう前に、
相手の意図と自分の意思を
確認しましょう。




【まとめ】
 
相手の優しさ(提案)に
 
甘えるだけでなく、意図を読み取れ。