ツーモラリスト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツーモラリスト

人生、勝ち方より守り方

毎日が退屈?自分の枠を広げ成長したいなら、まずは選り好みを捨てる

f:id:akiyama_tsukasa:20161124212359j:plain

今日のテーマ:あなたの枠が広がらない原因

こんにちは、秋山です。

キュレーションアプリを知っていますか?ニュースアプリと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

今日は、自分の好みを選んでくれる、という便利さに潜む罠について。

好きな情報を選ぶことに、慣れてはいけない

キュレーションとは、インターネット上の情報を選定して、ユーザーに公開するインターネット用語。「NAVERまとめ」や「はてなブックマーク」もその中のひとつ。

中には、ユーザーが読んだニュース記事の傾向を分析して、その人好みのジャンルだけを収集・配信してくれるサービスもある。

有名どころでは、Gunosy(グノシー)がありますね。CMやメディアでよく見るので、利用者も多いかもしれません。

さて、この「自分の好みを選んでくれる」というサービスを頻繁に利用することで、失ってしまうものがあります。それは何か?

あなたの成長・変化する機会が失われる

たとえば、いきつけの料理屋で、大将があなたの味の好みに合わせて、料理を出してくれるとする。料理を選ぶ時間が省けてハズレも引かない、何て素敵なお店だろう!と、確かにその通りなのですが、自分の好みしか食べない・取り入れないことで、自身の枠が広がるチャンスを逃している。

言い方を変えると、枠に収まる人生を自ら選択してしまっている。

新しい自分と出会うには、新しい環境を手に入れる

人は誰しも、知識や情報などのインプットによって、思考にが作られます。常識や思い込み、固定観念も、この枠内にあるものです。

趣味や感性が異なる友人と付き合うとわかりますが、新しい人脈・経験を得る機会が多ければ多いほど、人生の枠は一気に広がっていきます。

では、何となく相性の合う人、コミュニティ、食事、情報ばかりを選んでいる人は?

インプットを選り好みしているうちは、いつまでも同じ環境のまま、人生を過ごすことになる。

人生一度きりしかないのだから、多くの経験を得て、自身の枠を広げるべき。どんな知識、情報が自分を変えるかはわからない。

【まとめ】

インプットは選ぶな。